住宅ローンの借入限度額は?

住宅ローンの物件価格による借入限度額はどのくらいですか?@

例外もありますが、基本的には
物件価格による借入額には上限が設定されています。

 

一般的に民間住宅ローンでは、
購入価格や建築費に対する割合の
80%以内とされています。

住宅ローンの物件価格による借入限度額はどのくらいですか?A

ただし、近年では、購入価格の80%を超えて
融資を行うところも増えつつあります。

 

また、フラット35(買取型)では、2007年4月以降は、
従来の物件価格等の80%以内から90%以内へと
上限が引き上げられています。

 

さらに、フラット35(保証型)では、
取扱金融機関によっては
物件価格の最大100%融資が可能になっています。

 

【スポンサーリンク】

収入基準による借入限度額はどのようになっていますか?

住宅ローンの借入限度額は、
上記の物件価格によるものだけでなく、
収入基準によるものもあります。

 

具体的には、フラット35や財形住宅融資では
「毎月の返済額の4倍以上の月収があること」
とされています。

 

つまり、返済は収入の25%までとなっているのです。

 

例えば、年収500万円で月々の返済を
12万円と仮定した場合では、
年間返済額は144万円(12万円×12か月)となりますが、

 

これだと返済が収入の28.8%(144万円÷年収500万円)
となってしまいますので、
融資が受けられないということになります。

 

よって、このようなケースは、返済期間を延ばすとか
借入金額を減らすなどして、
毎月の返済額を減らさなければなりません。

 

なお、住宅ローンを組むときには、
返済額が年収の25%までなら安全だと言われていますが、
この25%という数字だけを念頭に
資金計画を立てるのは危険です。

 

これは、年収が同じでも
実際の手取額は家族構成などにより異なりますし、
生活レベルもそれぞれだからです。

 

なので、現在の家計の状況をよく把握し、
購入前後の家計を比べることで、返済能力を
できるだけ客観的に判断することが大切になります。

各住宅ローンの収入基準はどのようになっていますか?

具体的な各住宅ローンの収入基準は
次のようになっています。

■民間ローン
すべての住宅ローンを合算して年間返済額が年収の40%以内などです。

 

■フラット35(買取型)
毎月返済額の4倍以上の月収が必要です。

 

※年間返済額が年収の25%以内です。

 

■財形住宅融資(機構財形)
毎月返済額の4倍以上の月収が必要です。

 

※年間返済額が年収の25%以内です。

 

【スポンサーリンク】