フラット35の収入合算とは?

フラット35の収入合算の仕組みはどのようになっているのですか?@

民間住宅ローンが、一つの物件に
複数の人が融資を受けられるのに対して、

 

フラット35の場合には、
ひとつの住宅の購入に対して
1人の契約者しか認められていません。

フラット35の収入合算の仕組みはどのようになっているのですか?A

そうすると、1人の収入では
収入基準を満たすことができないということで、
限度額いっぱいまで借りることができないことがあるので、
「収入合算」と呼ばれる制度が利用できることになっています。

フラット35の収入合算の条件にはどのようなものがありますか?

「収入合算」というのは、
一定の条件を満たした同居予定者の収入を加算して
収入基準を算定することができる制度です。

 

フラット35の収入合算ができるのは、次のような人です。

 

ただし、収入合算できる金額は、
申込本人の収入の同額までとなっています。

■申込本人の配偶者、父母または子供などの直系親族、申込本人の婚約者、内縁関係にある人
■連帯債務者になる人
■申込現在の年齢が70歳未満の人
■収入を証明する公的証明書を提出できる人

底付きとは?

底付きというのは、底地付きのことです。

 

底付きは、土地賃借人が借地権を譲渡するにあたり、
借地権だけでは買主が特定され、売却しにくいので、
借地権の譲渡に、土地所有者の底地権の譲渡を併せて
売り物件とすることをいいます。

底なしとは?

土地所有者がその土地を賃貸した場合に、
土地所有者は底地権を所有し、それを賃借した者は、
借地権を所有することになります。

 

このような所有形態において、
賃借人が所有している借地権のことを底なしといいます。

 

【スポンサーリンク】