民間住宅ローンの所得合算とは?

民間住宅ローンの所得合算とはどのようなものですか?

民間住宅ローンにも
契約者の収入基準の緩和を目的として、
フラット35の収入合算と同様に
「所得合算」という制度が設けられている場合があります。

 

所得合算制度の条件や内容については、
フラット35とほぼ同じですが、実際に利用する際には
各金融機関への事前の確認が必要です。

所得合算や収入合算における注意点はどのようなことですか?

民間住宅ローンの所得合算でも、
フラット35の収入合算でも、合算した部分の収入が
ローンの完済時まで安定的に確保できるのかどうか
ということが重要になります。

 

特に、子供がいない夫婦で
妻の収入を合算する場合には、出産や育児の期間に
妻の収入が減ってしまう可能性を考えて、

 

あまり無理をしてローンを増やさないように
注意する必要があります。

妻のパート収入を合算する場合の注意点とはどのようなことですか?

収入合算をする場合には
公的証明書が必要になるのですが、
この公的証明書というのは、
所得税や住民税を納税していないと発行されません。

 

つまり、妻のパート収入が、所得税では103万円、
住民税では100万円を下回るようですと、
納税証明書がとれません。

 

なので、収入合算はできないということになります。

 

なお、会社からの支払い明細などは
公的証明書とはみなされませんので注意してください。

 

ただし、例外的に、
収入の安定性・継続性が認められる場合に、
収入合算できる場合もあるようです。

 

【スポンサーリンク】