財形貯蓄型・投資型の積立商品は?

財形貯蓄型の積立商品にはどのようなものがありますか?

財形貯蓄型の積立商品には次のようなものがあります。

 

いずれも積立金額は1,000円以上1,000円単位で、
銀行、郵便局、証券会社、生命保険会社、
損害保険会社などで取り扱っています。

■財形住宅貯蓄
・利子非課税制度があります。

 

■財形年金貯蓄
・利子非課税制度があります。

 

■一般財形貯蓄
・積立金額は1,000円以上1,000円単位で、給付金制度があります。

貯蓄型の積立商品にはどのようなものがありますか?

次のようなものがあります。

■定期積金
信用金庫、信用組合、JAなどで取り扱われている商品で、
月掛け1,000円以上から積立てでき、
契約時の金利が満期まで適用されます。

 

ただし、マル優扱いにできないので注意してください。

 

■自動積立定期預金
銀行で取り扱われているもので、
1万円以上からの積立てが一般的です。

 

おまとめ日(毎年1回の指定日)に1本の定期預金を作成します。

 

■積立式定期預金
銀行や信用金庫などで取り扱われているもので、
5,000円以上からの積立てが一般的です。

 

目標日指定型はスーパー定期、
自由型は期日指定定期になります。

 

■金銭信託
信託銀行などで取り扱われている商品で、
5,000円以上から積立てができ、
契約時の予想配当率がすべての積立金に適用されます。

 

なお、2年の据え置きと解約手数料がかかります。

 

■積立貯金、オート定額、オート定期
郵便局で取り扱われている商品で、積立貯金は1,000円以上100円単位、
オート定額とオート定期は1,000円以上1,000円単位で積立てができます。

 

【スポンサーリンク】

投資型の積立商品にはどのようなものがありますか?

次のようなものがあります。

■るいとう(株式累積投資制度)
証券会社で取り扱われている商品で、
個別銘柄を選んで積立投資します。

 

1銘柄1万円以上1,000円単位で積立てできますが、
利用できる銘柄は限定されています。

 

■ミリオン
証券会社で取り扱われている商品で、
100%インデックス型かインデックス+債券型を選択できます。

 

5,000円以上から積立てができ買付手数料はかかりません。

 

■投資信託の積立
銀行、証券会社、投信会社などで取り扱われている商品です。
一般的には1万円以上から積立てできます。

 

なお、取扱期間によって積立購入できるファンドは異なります。

 

■外貨預金の積立
一部の銀行で取り扱われている商品です。
1万円以上からの積立てができます。

 

なお、外貨貯蓄預金を毎月継続して預け入れできるタイプもあります。

 

■純金積立
一部の銀行、証券会社、JA、商品取引会社などで取り扱われている商品で、
月々の積立金を1日あたりに直して毎日一定額ずつ金を購入します。

 

一般的には3,000円以上から積立てができます。

 

【スポンサーリンク】