住宅金融支援機構の収入合算は?

住宅金融支援機構の収入合算の要件はどうなっていますか?@

住宅金融支援機構の収入合算の要件は、
次のようになっています。

■同居
融資住宅の取得後、ただちに申込本人とその住宅に同居する人

 

※例外として、親子リレー返済者の後継者であって、ただちに同居できなくても、将来同居を予定している人であれば構いません。

住宅金融支援機構の収入合算の要件はどうなっていますか?A

■申込時の年齢
借入申込時の年齢が70歳未満の人

 

■人数
1名

 

■申込本人との関係
申込本人の直系親族・配偶者・婚約者または内縁関係にある人

 

■連帯債務者
収入合算者は「連帯債務者」になります。ただし、旧公庫融資※を返済中(手続き中)であれば収入合算はできません。

 

※田園住宅融資・親孝行ローン・住まいひろがり特別融資を除きます。

住宅金融支援機構の収入合算できる金額は?

住宅金融支援機構の収入合算できる金額については、
収入合算者の収入金額か、
申込本人の収入のいずれか低い額まで可能です。

 

ただし、収入合算する金額が
収入合算者の収入の50%を超える場合は、
最長返済期間が短くなります(年齢70歳未満)。

 

【スポンサーリンク】