自己資金が足りないときは?

自己資金が多い方がいいのはなぜ?@

一般的に、金融機関で住宅ローンを組む際には、
物件購入価格の80%が上限となっています。

 

つまり、これは、最低でも物件価格の20%は
自分で資金を用意しなくてはならないということですね。

 

これが、いわゆる「頭金」といわれるものです。

自己資金が多い方がいいのはなぜ?A

マイホームの取得には、
頭金以外にも次のような費用がかかります。

 

なので、頭金をはじめ、自己資金が多く用意できるに
越したことはありません。

■各種の手数料
■保険料
■引越し費用

用意する自己資金の目標は?

頭金は物件購入価格の20%程度でよいですが、
諸費用の分を考えると、30%程度用意することを
目標にしたいところです。

 

目標が決まったら、
毎月着実に積み立てることが重要ですが、このとき、
次のようなできるだけ安全で確実な貯め方を
選択するようにします。

■自動引き落としなどの強制的な貯蓄方法
■サラリーマンの場合なら、給与やボーナスから天引きしていく財形貯蓄を利用する方法

 

間違っても、ハイリスク・ハイリターン型の金融商品は
避けたいところです。

 

【スポンサーリンク】