諸費用の具体的内容(手数料、保険料、団信)は?

融資(事務)手数料

住宅ローンの手続きにかかる手数料です。

 

住宅ローン1件についてかかるので、
複数のローンを組み合わせるとそれだけ金額がかさみます。

 

およそ1つの金融機関について、
3万円〜5万円程度必要になります。

火災保険料

保険の対象として建物の時価いっぱいにかけます。

 

融資住宅用特約火災保険に加入するか、
民間保険会社の
一般的な火災保険に加入することになります。

 

フラット35も強制加入です。

 

ちなみに、地震保険については加入は任意となっていますが、
火災保険では地震による延焼などに対応していないので、
加入しておいた方がよいでしょう。

 

保険料は、建物の構造、地域、保険金額、契約期間、
返済契約の有無などによって異なります。

 

ただし、損害のすべてが補償されるわけではないので、
内容をよく確認する必要があります。

団体信用生命保険料

団体信用生命保険は、融資を申し込んだ本人が、
万一死亡したり高度障害になったりした場合に、
保険金によってローンを完済してくれるものです。

 

フラット35では加入は任意となっていますが、
万一の場合に備えて加入しておいた方がよいでしょう。

 

民間融資では加入が条件となっています。

 

保険料は、フラット35では年に1回、
その年の分をまとめて支払います。

 

民間融資では通常金利に上乗せされ、
別途の支払いはありません。

 

なお、3大疾病(がん、急性心筋梗塞、脳卒中)
に対応するものもあります。

 

【スポンサーリンク】