繰り上げ返済の申込方法

繰り上げ返済はどのようにして行うのですか?

繰り上げ返済は、住宅ローンを返済している
金融機関の窓口に申し込んで行います。

 

なお、繰り上げ返済の手数料については、
以下のように金融機関によって異なります。

繰り上げ返済に手数料はかかるのですか?

■フラット35
住宅金融支援機構がサポートしているフラット35では、
繰り上げ返済の手数料は無料になっています。

 

また、繰り上げ返済できる日は毎月の返済日となり、
一部繰り上げ返済をするときの金額は、
各階100万円以上となっています。

 

実際に繰り上げ返済をするときには、
希望する日の1か月前までに申し出れば行うことができます。

 

■銀行ローン
銀行ローンでは、繰り上げ返済のタイプによって
手数料が3,150〜5,250円程度となっていますが、
固定期間選択型ローンでは3〜5万円程度かかります。

 

このように、金融機関やローンの条件によっても異なりますので、
必ず窓口で事前相談してから行うようにしてください。

 

【スポンサーリンク】

未払い利息に繰り上げ返済で対応するとは?

変動金利型ローンは、返済期間中に金利が変化しても
返済額は5年後に見直されるという特徴があります。

 

これは、借り入れをしている人に対する
配慮してのことなのですよね。

 

金利がどんどん上昇すると
返済額に占めるのはほとんど利息だけになり、

 

ときには元金が1円もないばかりか、
利息のほうが上回ってしまい、
未払いの利息が累積していくことがあります。

 

高金利が継続するような最悪のケースでは、
10年たっても元金が1円も減らず、
当初予定していた返済期間の30年を超えても
完済できないということもあり得るのです。

 

金利が変わるごとに返済額も連動して変わるのであれば、
このようなことは起こらないのですが、変動金利型ローン
というのはこういう制度なので仕方ありません。

 

そこで、このような未払い利息と元金の一部を
繰り上げ返済して、さらに返済額についても、
適用されている金利に見合った金額に変更してもらうと
不安の解消につながります。

 

【スポンサーリンク】