ローンの借り換えは返済負担を軽くする?

住宅ローンの借り換えとは?@

ローンの借り換えというのは、
新たに金利の低いローンの借り入れをして、
金利が高い古いローンのほうは
全額返済してしまうということです。

 

古いローンから新しいローンに借り入れを換えるので
「借り換え」というのです。

住宅ローンの借り換えとは?A

住宅を買い換えるときも、
結果として取得する物件が異なるだけで
ローンを借り換えているのと同じようなものです。

 

なので、低金利だと思って
固定金利型で住宅ローンを組んだけれど、

 

その後どんどん金利が下がっていって
かなり損をしていると感じている人は、
住宅ローンの借り換えを検討してみるとよいと思われます。

借り換えの方法は?

借り換えの方法としては、
固定型ローンから変動型ローン借り換えるのが
一般的です。

 

もちろん、固定型から固定型への借り換えというのも
できなくはないのですが、リスクの高い固定型から
変動型へシフトしたいと考えている金融機関には
なかなか応じてもらえないようです。

 

また、仮に応じてもらえたとしても、
以下のような新規に住宅ローンを組んだときと
同様の費用と手続きがかかるケースが多いようです。

■抵当権の抹消・設定登記費用
■保証保険料...など

 

【スポンサーリンク】

借り換えの手数料は?

借り換えの手数料については、
住宅ローンを組んだときの状況や、借り換え先が
どこの金融機関なのかによっても異なりますので
一概にはいえないところではあります。

 

ケースによっては、
20〜30万円という費用がかかる場合もあるようです。

 

しかしながら、これまで借りていた金融機関の住宅ローンを
固定型から変動型に借り換える場合には、
5,250円(税込)程度の手数料でできることが多いです。

担保割れ物件でも借り換えはできますか?

担保割れが生じている状態というのは、
不動産価格の下落によって、手持ちの住宅の価格が
住宅ローンの負債額を下回った状態のことをいいます。

 

通常ですと、
こういった担保割れのローンの借り換えは難しいのですが、

 

金融機関によっては、
借り換え専用のローンを商品化していて、
次のような条件を満たしていれば、担保割れしていても
借り換えに応じてくれるところもあるようです。

■過去に返済金の延滞がないこと。
■安定した収入があること。

 

ちなみに、特別に借り換えローンがない場合でも、
応じてもらえるケースもありますので、
一度相談してみるとよいでしょう。

 

【スポンサーリンク】