地面師・家屋師、破産とは?

地面師・家屋師とは?

地面師(じめんし)・家屋師(かおくし)というのは、
他人所有の土地や家屋の所有者等になりすまして、
第三者から金員を騙し取る詐欺師のことをいいます。

 

地面師・家屋師は、
常習者数人のグループによる犯行がほとんどですが、
その手口は次のようようなものです。

地面師・家屋師の手口は?

■物件処分の委任を受けているように装う。
■所有者から他の目的で預った印鑑や白紙委任状を悪用する。
■必要証書等と偽造して、所有権移転登記を行う。
■登記簿を閲覧中、登記記載事項を改ざんしたり、他に用意した登記用紙と差し換えて所有者を装う。...など

 

上記のような手口によって、他人の土地や家屋を
自己所有と偽って第三者に売りつけたり、
買受人に他人の土地を見せ、自己所有と偽り
売買契約を結んで、手付金を騙し取るなどがあります。

破産とは?

破産というのは、
破産法によって、債務者の総資産を換価し、
総債権者に公平に配当する
裁判上の手続きのことをいいます。

破産手続きとは?

債務者が支払不能※の状態になると、
債権者や債務者の申立てによって
裁判所が破産宣告をし、
同時に破産管財人を選任します。

 

そして、債権の届け出をさせ、調査をする一方で、
破産財団を換価し、破産管財人が按分額で配当します。

 

※法人では債務超過のことです。

 

【スポンサーリンク】