全国新幹線鉄道整備法、総合設計とは?

全国新幹線鉄道整備法とは?

全国新幹線鉄道整備法というのは、
昭和45年に制定された法律です。

 

全国新幹線鉄道整備法の目的は、
新幹線鉄道による
全国的な鉄道網の整備を図ることにあります。

全国新幹線鉄道整備法の内容は?

全国新幹線鉄道整備法では、
次のようなことを定めています。

■国土交通大臣は、建設を開始すべき新幹線鉄道の路線建設に関して、建設を行う建設主体を指名し、整備計画を決定し、建設の指示を行う。

 

■建設主体は、工事区間、公示方法等の工事実施計画を作成し、国土交通大臣の認可を受ける。

 

■国土交通大臣は、建設に要する土地で行為の制限が必要であると認める区域を「行為制限区域」に指定できる。

 

■行為制限区域内では、原則として、土地の形質の変更や工作物の新設・改築・増築が禁止される。...など

 

なお、行為制限区域の指定については、
関係地方運輸局と建設主体の事務所その他
国土交通大臣が指定する場所で確認できます。

総合設計とは?

総合設計というのは、次のようなものについて、
特定行政庁が
建築審査会の同意を得て許可するものについては、

 

容積率や各部分の高さは、その許可の範囲において、
容積率と高さの制限値を超えて建築することができる
という制度のことをいいます。

■一定規模以上の敷地面積があり、かつ、敷地内に所定の空地があって、交通上、安全上、防火上、衛生上支障がないもの

 

■建ぺい率、容積率、高さについてに総合的な配慮がなされているもの

 

■市街地の環境の整備改善に資するもの

 

【スポンサーリンク】