宅地建物取引の媒介、媒介契約とは?

宅地建物取引の媒介とは?

媒介というのは、一般的には仲介ともいいますが、
他人間の法律行為の締結に
尽力する行為のことをいいます。

 

また、宅地建物取引の媒介というのは、
当事者の一方または双方の依頼により、当事者間の
宅地建物の売買や賃借等の契約の成立に向けて
尽力する行為のことをいいます。

宅建業法上の媒介の規制は?

宅建業法では、消費者保護の観点などから、
種々の規制が課せられています。

媒介契約とは?

媒介契約というのは、
宅地や建物の売買、交換または賃借のなかだちを、
宅建業者に依頼する契約のことをいいます。

具体的には?

具体的には、
宅地や建物の売買または交換等をしようとする場合、
自分の希望する条件に合った適当な相手方を、
広い範囲から探し出すことは非常に困難です。

 

なので、これらの取引をする際に、
両者の間をとりもつことを専門としている宅建業者に、
取引の相手方を探すよう依頼することになります。

 

このときの依頼契約が媒介契約になります。

 

【スポンサーリンク】