マンションを購入するの役立つ情報サイト!

新築・中古マンション選択情報館

最近、住宅取得にあたり重要な要素となる住宅ローン金利は低金利が続いていますが、今後も政策的な面でも、この傾向がしばらく続くとみてよさそうです。

 

ただし、金利では、国債の大量発行については注目しておきたいです。

 

歳入不足を補う国債の発行が予定されていますが、それに加えて復興債の発行が俎上に載っています。

 

住宅ローンというのは、長期金利に連動する仕組みになっていますから、債券を大量に発行すれば相場は下落し、長期金利が上昇してローン金利も上昇するという流れになることは必須です。

 

本来、金利は景気の動向に沿うべきものと考えられますが、そうはいかないケースも想定しておきたいところです。

 

とはいえ、政策的に金利を抑制する方針をとることには変わりないでしょうから、多少の上下動はあるかもしれませんが、大きく上昇していくことはないと考えられます。

 

よって、あまり目先の金利変動にとらわれすぎないことが大切です。

 

当サイトでは、マンションを取り巻く法律や税制など、最新情報を盛り込んでいます。

 

皆様のマンション購入の一助になれば幸いです。

 

※参考サイト:住宅ローンの資金計画情報館

スポンサーリンク

【スポンサーリンク】

免責

新築・中古マンション選択情報館で提供している内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。 万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当サイトは一切責任を負いかねます。
プライバシーポリシー