マンションを購入するの役立つ情報サイト!

モデルルームの見学で役立つものは?@

モデルルームを見学する際には、
次のようなものを持参すると役に立ちます。

 

■地図
購入候補の物件の現地周辺をチェックする際に必要になります。

 

ただし、販売業者の案内図の場合、それほど詳細でなかったり、
不都合な部分が表示されていないケースもありますので注意が必要です。

 

【スポンサーリンク】

モデルルームの見学で役立つものは?A

■カメラ
複数の物件のモデルルームを見学すると記憶も曖昧になってきますので、
後で自分なりのチェックポイントを比較検討する際に役立ちます。

 

なお、撮影時には許可を得る必要があります。

 

■パンフレット 
モデルルームに行くと図面集などが入ったパンフレットを手に入れることができますが、
訪問前に電話やインターネットなどで入手しておくと、
疑問点や確認事項などの見当をつけておけます。

 

■コンパス(方位磁針)
建物や住戸の向きを設計図と照らし合わせて確認します。

 

■メジャー(巻尺)
モデルルーム見学の必須アイテムといえます。

間取り図の記号の意味は?

パンフレットの図面集にある「間取り図」には、
希望する住戸の部屋の配置や収納の位置などが描かれていますので、
それによっておおまかなイメージをつかむことができます。

 

とはいえ、そこには見慣れない記号や文字も多く
わかりづらいと感じることもあるかもしれません。

 

この間取り図などに表示されている記号や文字の意味を知っておくと、
開口部や各部屋との接続のようすや、
給排水口などの位置を確認する時に役に立ちます。

 

なお、照明やコンセントなども記号で示されていますので、
パンフレットの凡例と照らし合わせながら、
位置や数などを確認するようにしたいです。

 

【スポンサーリンク】