住宅を購入するのに自己資金はいくら必要?

マイホームを購入する際、自己資金はいくら必要でしょうか?@

マイホームの購入資金の総額の中で、
住宅ローンで賄えないものは
現金で用意しなくてはなりません。

 

自己資金は多ければ多いほどいいわけです。

マイホームを購入する際、自己資金はいくら必要でしょうか?A

ですが、現実的、一般的には、購入価格の30%程度が
用意したい自己資金と言われています。

 

仮に3,000万円のマイホームを購入するのであれば、
900万円程度の自己資金を用意するということです。

自己資金にはどのようなものが含まれますか?

まず、自己資金で支払わなければならないのが頭金です。

 

一般的に、住宅ローンでは
購入価格の20%を頭金として用意する必要があります。

 

また、頭金以外にも
諸費用を現金で支払う必要があります。

 

住宅購入の際の諸費用は、
項目も多く金額もそれなりの額になってきます。

 

具体的な諸費用の目安としては、
新築物件の場合で購入価格の2〜3%、
中古などの仲介物件で5〜6%程度になります。

 

その他、インテリア用品などの支出もありますので、
自己資金としては、新築であれ中古であれ、
購入価格の30%程度は用意したいところです。

 

スポンサーリンク