預金連動型住宅ローンとは?

預金連動型住宅ローンとはどのようなローンですか?

預金連動型の住宅ローンというのは、
預金が増えるとローン金利が下がるという商品で、
東京スター銀行の
「スターワン住宅ローン」があります。

「スターワン住宅ローン」の特徴は?

「スターワン住宅ローン」では、住宅ローン残高から
円普通預金と外貨普通預金の残高を差し引いた金額に
ローン利息がかかります。

 

また、返済方法は元利金等返済のみとなります。

 

具体的には次のようになります。

■年利3%で1,000万円の住宅ローン残高がある。
■円普通預金残高が500万円ある。

 

このような場合には、
差し引いた500万円(1,000万円−500万円)
に金利がかかりますので、
実質的には金利負担が半分ですみます。

 

ちなみに、預金残高が1,000万円以上あれば
金利負担はゼロになります。

 

なお、「スターワン住宅ローン」は、
自己資金を多く持っている人には
メリットの多い住宅ローンといえますが、

 

ペイオフ等の問題もありますので、
利用の際には慎重に検討するようにしたいところです。

 

スポンサーリンク

「スターワン住宅ローン」のメリットは?

一般的には、余剰資金があれば繰上返済をして
返済期間の短縮を図り、金利負担をなくして
総返済額の軽減を検討しますが、

 

「スターワン住宅ローン」でしたら、
繰上返済する代わりに貯蓄を増やすことが可能です。

 

つまり、将来の資産形成がしやすい
というメリットがあるのです。

「スターワン住宅ローン」の融資条件は?

「スターワン住宅ローン」の融資条件は、
一般の金融機関の住宅ローンの内容と
ほとんど同じですが、次のような特色があります。

■融資対象地域は店舗がある首都圏、近畿圏、山梨県に限定されます。

 

■借入金利は、融資金額によって異なります。具体的には次のようになります(平成19年4月1日現在)。
◎購入価格に対する融資額の割合が6割以内の借入金利
・変動金利型…2.8%
・固定金利型3年…3.5%

 

◎購入価格に対する融資額の割合が6割超8割以内の借入金利
・変動金利型…3.1%
・固定金利型3年…2.45%

 

スポンサーリンク