自己資金力アップのための資金援助とは?

自己資金力をアップさせるための両親からのサポートとは?

自己資金力をアップさせるために、
両親からサポートしてもらう方法としては
次のようなものがあります。

■両親などから資金援助を受ける。
■両親から借金する。

両親などから資金援助を受ける際に気を付ける点は?

両親などから資金援助を受ける際には、
次の点に気を付けるようにしましょう。

■両親や祖父母から資金を援助してもらう場合には、贈与税に注意してください。

 

年間110万円を超える資金援助の場合には、
一定の贈与税を納めることになります。

 

■両親からの贈与の場合には、「相続時精算課税制度」の特例を使うことができます。

 

この特例を使うと、
3,500万円まで非課税にすることができます。

 

ただし、利用には条件がありますので、
事前に確認することが必要です。

 

なお、相続時精算課税制度を利用する際には、
贈与の翌年に申告が必要になります。

両親から借金する方法について

両親から無償の資金援助が難しい場合には、
借金するという方法もあります。

 

当然ですが、借金であれば贈与税はかかりません。

 

ただし、両親からの借金というのは、
税務署から税金逃れと疑われやすいですから、
借用書を作成して、きちんと定期的に返済しているという
銀行振り込みなどによる証拠を残すことが大切です。

 

ちなみに、返済条件についても、
金利が無利子であるなど、
相場と比較して極端に有利な場合には
問題になりますので注意したいところです。

 

スポンサーリンク