財形住宅貯蓄の活用法は?

「財形貯蓄」の活用について

資金不足への対処法としては、
地道に貯蓄するのが一番です。

 

ですが、もし、サラリーマンの方でしたら、
様々なメリットのある「財形貯蓄」
を活用することをオススメします。

財形住宅貯蓄のメリットにはどのようなものがありますか?

財形住宅貯蓄のメリットには、次のようなものがあります。

■給与などからの天引きなので貯めやすいです。
■1年以上の積み立て、貯蓄残高50万円以上で財形住宅融資が利用できます。
■元本550万円まで利息が非課税※になります。

 

※保険型の場合は、払込保険料等累計550万円までです。また、550万円を超えたり、住宅取得以外の目的で解約した場合には、利息に20%の税金がかかります。

財形貯蓄を利用する際の条件は?

財形貯蓄のうち、使途が住宅に限定されている
財形住宅貯蓄の利用には、次のような条件があります。

■1人1契約であること
■契約時に満55歳未満であること
■5年以上定期的に積み立てること
■会社を通じて給与などから天引きで預け入れること
■購入する住宅は、財形住宅融資の対象であること
■住宅取得やリフォームなどの頭金以外の目的で払出しをしないこと
■頭金を除いた住宅取得資金の残額は、会社や金融機関等から貸し付けを受けて支払うことが明らかであること

 

スポンサーリンク