毎月10万円の返済だといくら借りられる?

毎月10万円の返済だといくら借りられますか?@

次の表は、毎月10万円ずつ返済していく場合に
借りられる額を示したものです。

 

<元利均等返済で金利は3.0%の住宅ローンの場合>

返済期間 10年 15年 20年 25年 30年 35年
金利3.0% 1,030万円 1,440万円 1,800万円 2,100万円 2,370万円 2,590万円

毎月10万円の返済だといくら借りられますか?A

上記の表から、金利3.0%で返済期間が20年でしたら、
借入可能額は1,800万円ということになります。

 

金額が異なるのは、金融機関が年収に対する
年間返済額の割合から算出する返済負担率(返済基準)
を定めているからです。

 

なお、当然、金利が高くなれば
借りられる金額は少なくなりますし、
返済期間が長期になるほど借りられる額は多くなりますが、
その分金利はかさみます。

 

スポンサーリンク

フラット35と民間ローンの返済負担率は?

フラット35と民間ローンの返済負担率は、
次のようになっています。

■フラット35
フラット35の場合は、毎月返済額の
4倍以上の月収があることが条件になっています。

 

つまりこれは、毎月返済額の48倍以上の年収があれば、
その借り入れが可能であるということです。

 

ちなみに、平成19年10月からは、
フラット35の毎月返済額の4倍以上という条件はなくなり、
次のような他のローンを含めた総返済負担率による基準
で判断されることになります。

 

・年収400万円未満 ⇒ 30%
・年収400万円以上 ⇒ 35%

 

■民間融資
民間融資の場合は、金融機関によっても異なるのですが、
年収に応じた返済負担率で決められます。

 

ただし、実際の融資額については、この毎月返済額を基準に、
実際の返済利率と返済期間によって妥当な金額が算定されます。

 

スポンサーリンク