減価修正、減損会計とは?

減価修正とは?@

減価修正というのは、対象不動産の再調達原価から、
減価の要因に基づく減価額を控除することをいいます。

 

よって、減価修正は、価格時点における対象不動産の
積算価格を求めるためのものなので、
取得価格の期間配分を目的とする
企業会計の減価償却とはその目的が異なります。

減価修正とは?A

また、減価修正を行う際には、減価の要因に着目して、
対象不動産を部分的、かつ、総合的に分析検討し、
減価額を求める必要があります。

減価修正の減価要因は?

減価要因には次のものに分けられます。

■物理的要因
■機能的要因
■経済的要因

 

とはいえ、物理的な破損が
重大な機能上の欠陥を引き起こすというように、
物理的減価が機能的減価を惹起するなど、

 

これらの要因は相互に関連し、
影響を与え合いながら作用するものといえます。

 

スポンサーリンク

減損会計とは?

減損会計というのは、企業が保有する土地や建物等の
固定資産の時価が下落し、
帳簿価額で回収できない可能性が高くなった場合に、
強制的に評価損を計上する会計処理のことをいいます。

帳簿価額のままではいけない理由は?

土地などの実勢価格が下落した場合に、
帳簿価額を据え置いたままにしていると、
資産価値を過大に表示したまま
損失を繰り延べていることになります。

 

これでは、財務諸表に対する信頼を
損なう結果となってしまうからです。

減損会計についての意見書とは?

平成14年に、企業会計審議会により導入に向けての
減損会計基準に関する意見書が公表されました。

 

スポンサーリンク